準備体操を忘れずに!

今日はとても暖かいですね!
最高気温が20度だそうです。

春になると、外で身体を動かしたくなる方も多いのではないでしょうか?

いきなり運動を始めると、思わぬ怪我、事故を招いてしまいます。

自分でもげんなり来てしまう話ですが

30代にもなると、久しぶりに運動をする場合、自分の信じているよりも明らかに筋力や肺活量が落ちて、反射神経も鈍くなっています・・・
ほんと、耳をふさぎたくなる話ですが、現実問題・・・怪我していられませんよ。

身体を十分にあたためて、筋肉を伸ばしてから無理をせず運動しましょう。

簡単な準備運動をご紹介します。

1、前後左右に首を倒し、そのあと首を回す。

2、片手ずつ身体の前や横でクロールの手のように大きく回す。

3、腰も前後左右に動かした後、前後屈(足幅を広く取り、上半身の力を抜いて前に倒し、ヒザを少し曲げてゆっくり上半身を戻し、腰に手を当て、上半身を後ろに反らす)を。

4、屈伸をしたら、ゆっくり回す。

5、アキレス腱をしっかり伸ばす。

その他、手首や足首を回したり、その場でのジャンプやその辺の軽いジョギング、ラジオ体操の覚えている部分を加えれば、かなり準備体操のレベルもアップします。

準備体操はゆったりと呼吸しながら行うのが効果的です。


また、運動の後は、ストレッチ等をしてクールダウンさせると疲れが残りにくくなります。




春になると気分がウキウキしますね!
身体をたくさん動かして、春を満喫しましょう
スポンサーサイト

春と眠気???

春になるとなぜ眠くなるのでしょう???

その明確な理由については、意外なことにいまだ科学的な研究はなされていないようです。

しかし、色々な要因が重なって眠気を起こしてしまうようです。

冬は体温の放出を防ぐために、自律神経が体の血管を収縮するようコントロールしています。しかし、春になって暖かくなると、今度は体内の熱を放出するために血管を広げるように働きかけます。
しかし、冬から春への季節の変わり目には、昼と夜、また日々の気温の変動が激しくなるため、自律神経がその変化に対応しきれず、バランス調整が上手く働かなくなってしまうのです。
そして、自律神経のバランスが乱れることによって、眠気やだるさなどの不快な症状が起こりやすくなり、「春になると眠い」と訴える人が増えるのではないかと言われています。

眠気を感じる温度は、気温6度から15度ぐらいだそう。心地よい温度が春の眠りを誘うのではないでしょうか。

春の眠気防止には、ビタミンB1を多く含むウナギ、豚肉、えだまめ、えんどうまめ、玄米、大豆などを積極的に摂取すると良いそうです。
適度な運動も効果的だそうです。

美味しくご飯を食べて、身体を動かし、春の眠気を撃退しましょう!

子育て応援券ご利用いただけます!

                        oenken_logomini.jpg

こんばんは!

今日は寒かったですね~

この冬最後の雪になったのではないでしょうか?

明日からまた暖かくなるみたいですね。外に出ると春の匂いがする今日この頃です。



さて、ついに かとう整骨院で「子育て応援券」がご利用いただけるようになりました!

開院から何度か、店頭まで足を運んでいただき「応援券使えますか?」とご質問頂いておりました。
ようやくご要望にお答えする事ができ、本当に嬉しいです。

サービスの内容:子育て中のお父さんお母さんの健康相談及び体調改善のお手伝い

骨格調整及び筋肉の緊張緩和治療→10分1000円~

骨盤のゆがみなどが気になる方もご相談下さいね。



子育て応援券をお持ちの方は、お気軽にどうぞ



幼児期の運動。

こんにちは


暑かったり急に寒くなったり、不安定なお天気が続いていますね。
体調を崩しやすい時期ですので、十分体調管理に気をつけたいものですね。

先日、長女(4歳、年少さんです)の幼稚園でマラソン大会が行われました。
年少さんは300m、年中さんは500m、年長さんは1000m走ります。

僕達は幼稚園を選ぶ際、体力づくりに力を入れている事に魅力を感じて、その幼稚園に決めたのですが大正解だったと思います。

園児達は皆、キラキラした笑顔で、また苦しさに顔をゆがめ、あるいは泣きながらも全員頑張って完走しておりました。順位もきちんとつけてくれます。悔しかったり嬉しかったり、さまざまな思いを抱いて、また来年頑張ろうという気持ちになるようでした。

運動神経は、幼児期から10才くらいまでにとてもよく伸びる時期だといわれています。
一番大切な事は、健康三原則。
「食事・運動・睡眠」です。文部科学省でも健康3原則を提案しています。

食事はその日のエネルギーとして使われるばかりか、筋肉や骨などの体をつくります。
朝昼夜と規則正しい、バランスのとれた食事の習慣づけは大切です。
偏った食事は、太りすぎや痩せすぎの原因にもなります。

運動は筋肉を強化し、骨折しにくい丈夫な骨をつくります。子供の骨折は10年前の1.5倍に増えています。血液の流れもよくなり、姿勢の正しさにもつながります。

「寝る子は育つ」といわれるように、睡眠は身心の疲れをとり、病気に対する抵抗力をつけます。

やはり、子供はよく食べ、よく眠って、よく遊ぶのが一番ですね


花粉症の季節ですね!

こんにちは!

あっという間に3月ですね。
昨日卒業式の学校も多かったのではないでしょうか?

そして、春というと、やっぱり花粉症の季節・・


今年のスギ花粉飛散予測のデータは、昨年6~8月の気象条件と秋のスギ雄花の調査結果から過去10年(2000~2009年)平均と比較して関東以北では30~60%、東海から九州にかけては60~100%になる見込みだそうです。

大量飛散であった2009年と比較すると、東日本では一部を除いて20~50%、西日本でも一部を除いて20~60%程度の飛散、しかし地域によっては、昨年並、あるいは多くなる地点もあると予測されています。

最近、天気が悪くて花粉の飛散が少ないような気はしますが・・・どうでしょう?


花粉症対策の食べ物、最近ではレンコンが注目されていますね。れんこんの成分は体内のアレルギー反応を引き起こす抗体の生産を抑制するそうです。

紫蘇(しそ)も、花粉症に良いそうですよ。
紫蘇は、アレルギー症状を抑える働きのあるαリノレン酸、花粉症の症状を増長する原因物質を抑える作用を持つルテオリン、炎症を和らげる働きのあるロズマリン酸などを含んでいます。特に体内でEPAの働きを持つαリノレン酸が多く含有されているため、花粉症の予防に効果が期待できます。


それから、ご存知の方が多いと思いますが、ヨーグルト。アレルゲン物質を、ヨーグルトで腸内環境を整え、吸収しづらくする効果があります。
フルーツのビタミンも花粉症に良いそうなので、混ぜて食べるとより効果的が期待できますね


ジャンクフード、スナック菓子などは、やはりアレルギーを助長させてしまうので、食生活を見直すという事も花粉症対策には必要かもしれませんね。

症状が軽いうちに病院に行ってお薬を服用しておくのも効果的だそうです。

花粉症対策をしっかりして、この時期を少しでも快適に乗り切りたいものですね。

花粉症で頭や肩が重くなってしまう場合もあります。



そんな時は、どうぞお気軽に当院へお越し下さい

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

フリーエリア
最新記事
プロフィール

katosei

Author:katosei
FC2ブログへようこそ!

リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード